バイク大好き個人事業主のための確定申告税理士・山口晶子のブログ

個人事業主のみなさま、確定申告はお任せください

帳簿なんて難しいものじゃありません。

time 2017/04/14

帳簿というから難しくなるのです。

お小遣い帳や家計簿と一緒です。

入ってきたお金と出て行ったお金を記録するだけです。

現金商売の場合は、昨日からの繰り越しのお金と、今日の売上(入金)から仕入れなどの支払い(支出)を引いたお金が、今手元にあるお金と一致してるはずですよね。

それを記録したものが帳簿なんです。

そこに、現金だけではなく銀行預金が加わったり、仕入れがクレジット払いだったり、バリエーションが増えるので、だんだん難しくめんどくさくなるのです。

もっと単純に考えてください。

入ってきたお金と出て行ったお金を記録するだけ、まずはそこから始めましょう。

起業すると、自分で思ってた以上にお金が出ていきます。

例えば、交通費。

オートチャージなんか利用していると、いったいいくら交通費がかかっているかなど、気にしたこともない人もいるでしょう。

自分で帳簿を付けてみることで、思った以上に経費がかかっていることに驚くはずです。

今まで家計簿や小遣い帳を付けたことのない人は、おそらく金銭感覚が相当狂っていますから、最初のうちは面倒でも帳簿を付けましょう。

最初のころに養った金銭感覚は、あとあと必ず役に立ちます。

お金の管理は商売の基本です。

特に現金商売の方は、日々の現金の残高を帳簿と一致させるようにしましょうね。

複式簿記はその先です。

もし、最初から税理士に頼むにしても、日々の現金の管理だけは必ず自分でする習慣をつけましょう。

現金商売は売り上げを少なくすることも簡単にできますから、より厳密な管理が求められます。

最初から売上をごまかすことや、何でもかんでも経費に入れることをしているようでは、そう遠くないうちに立ちいかなくなります。

なぜなら、本当に商売がうまく回っているかどうか、全く見えないからです。

軌道修正も戦略見直しも、何の計画も立てられません。

ただありのままを記録することで、初めていろんなことが見えてくるのです。

ですから、帳簿はいじくらずに入ってきたお金と出て行ったお金を、そのまま正直に記録しましょう。

簡単なことです。おまけに、役にも立つのです。

難しく考えないで、まずはやってみましょうね。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

個別相談は、全国どこへでもうかがいます。(交通費は要相談)

☆★☆★☆★☆★☆★☆

自分で確定申告したいけどちょっと不安。

開業したけど何をしたらいいかわからない。

そんな方は必要なときだけ頼める個別コンサルティングをご利用ください。

事業の内容や状況に合わせてアドバイスいたします。

詳しくはこちら

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

個人事業主の確定申告専門税理士です。

領収書丸投げのおまかせパックで確定申告も楽々です。

詳しくはこちら

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

山口会計事務所のホームページはこちらです。

お問い合わせはこちらからお願いいたします。

◆◇◆◇お問い合わせ◆◇◆◇