税理士やめたら なにしよう

愛車のZ900RSとバイク三昧のセカンドライフを目指して

年金だけで暮らしたい

time 2019/08/10

年金なんてあてにできない、働ける限りは働かないと。

定年が70歳、もしかすると75歳まで伸びたりするかも、という世の中ですが、私は年金だけで生活したいです。

開業してる税理士は個人事業主がほとんどだから、何十年事務所を運営していても、国民年金なんですよね。

そうしたらやっぱり働けるところまで働かないといけないのかもしれません。

もっとも、うんと稼いで山ほど蓄えがあれば、そんな心配はないのかもしれませんが。

 

少し前までは私も限界まで仕事するつもりでした。

定年がないので、自分で決められるというのはいいのか悪いのか。

とにかく元気なうちは働き続けるのが当たり前だと。

 

でも最近ちょっと考えが変わりました。

元気なうちにやりたいことやらなかったら、絶対後悔するなって。

私のやりたいこと、というより私たち夫婦のやりたいこと。

それは、バイクで日本中あちこち走ることです。

元気なうちしかできません。

あと何年バイクに乗れるか、考えてみたら10年後はもう無理かもしれません。

そうしたら、もうあんまり時間がないことに気がつきました。

だったら年金受給者になったら、二人でバイクであちこち周ろうか。

年金だけで生活できる所に引っ越して、使うところと締めるところのメリハリ付けて、小さな暮らしを心がければ何とかなるんじゃないか、そんなことを考えるようになりました。

 

2000万円の貯金で生活できるかどうかなんて、人それぞれ。

ただ東京じゃ家賃も駐車場代も高すぎて、いくら蓄えがあってもあっという間になくなってしまいそうです。

だったら、家賃の安いところに移り住めばいいんじゃない?

幸い夫はサラリーマン。長年がんばって勤めてきたおかげで厚生年金も企業年金もしっかりあります。

老後の不安から、節約して働けるだけ働いて、体が動かなくなったら引退なんていやだな。

楽しいことだってなかったら、ただ生きてるだけになっちゃうよ。

もともと夫はそういう性格。

私もだいぶ影響受けてきたのかもしれません。

なにを大切にするかは自分が決めればいいことです。

アリとキリギリスだったら、迷わずキリギリスを選ぶわが家は、楽しいこと優先で意見が一致しているので、おめでたいのかもしれませんね。

 

☆★☆★きょうのひとりごと☆★☆★

毎日こんなに暑くて天気がいいのに、お盆後半は台風の影響で荒天の予報。

あーあ、今年はバイクで出かけようかと思う日に晴れたためしがない。

心がけがよっぽど悪いのでしょうか…