税理士やめたら なにしよう

愛車のZ900RSとバイク三昧のセカンドライフを目指して

確定申告が必要なくてもやるべきこと

time 2017/03/13

今年は確定申告が必要なかった人も、来年に向けてぜひ始めてほしいこと。

それは、帳簿をつけることです。

本当は会計ソフトなどを使って、ちゃんとした会計帳簿をつけることが理想なのですが、そこまでしなくてもという人にも、「売上」と「経費」を記録することだけはしてほしいのです。

Excelを使うと後で加工しやすいのでおすすめなのですが、PCでちょこちょこっと、という習慣がない人にはかえって面倒かもしれません。

そんなときは、ノートでいいので記録しましょう。

記録するときは、「売上」と「経費」はそれぞれ別のノートにすることをおすすめします。

記録する内容ですが、最低でも次のことは書き留めておいてください。

「売上」

  • 日付
  • 売上先(氏名)
  • 金額
  • いくつも取扱商品がある場合は、できれば商品名も

「経費」

  • 日付
  • 仕入先・支払った相手
  • 金額
  • 支払の内容がわかるような摘要
  • もしできたら、勘定科目も記入しておくと、確定申告時の集計が楽です。

 

そして、領収書や請求書類も一式捨てずに保管しておいてください。

領収書はきれいに台紙やノートに貼ったりしなくても大丈夫です。

1年分をまとめて封筒にでも入れておけばいいのです。

できればすべて、7年間保存しておいてください。

帳簿や決算書は7年間保存で、領収書や請求書などは、5年もしくは7年間保存と決められています。

「これは7年でこれは5年」と分けるのは面倒でしょうから、「全部まとめて7年間保存」と思っていただければよいでしょう。

 

なぜ記録していただきたいかというと、確定申告のためだけではありません。

自分のお金の使い方について、振り返っていただきたいのです。

無駄遣いをしていないか、この売上を上げるためにどれだけの経費がかかったのか、商品の値付けが少し低すぎないだろうか、いろいろなことを考えるきっかけにしてほしいのです。

お金を払うときには、あまり気にしなかったとしても、ノートに記入するときや、確定申告の時期にノートを見たときに、こんなことにお金を使ったんだな、ということを改めて感じてほしいのです。

「自分は起業家というほど大きな商売はしていません」という人でも、商品を売ったりサービスを提供してお客さまから代金をいただいたら、立派な起業家ですよ。

商売の収支を管理することは、起業家としての義務と思って、しっかりお金の管理をしてくださいね。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

個別相談は、全国どこへでもうかがいます。(交通費は要相談)

☆★☆★☆★☆★☆★☆

自分で確定申告したいけどちょっと不安。

開業したけど何をしたらいいかわからない。

そんな方は必要なときだけ頼める個別コンサルティングをご利用ください。

事業の内容や状況に合わせてアドバイスいたします。

詳しくはこちら

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

個人事業主の確定申告専門税理士です。

領収書丸投げのおまかせパックで確定申告も楽々です。

詳しくはこちら

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

山口会計事務所のホームページはこちらです。

お問い合わせはこちらからお願いいたします。

◆◇◆◇お問い合わせ◆◇◆◇