バイク大好き個人事業主のための確定申告税理士・山口晶子のブログ

個人事業主のみなさま、確定申告はお任せください

値下げも値引きもしないでね

time 2018/06/06

仕事が思うように取れなかったり、商品が売れなかったりするとき、値引きや値下げを考えたことありますか?

高いのかなあ、もう少し安くしたら売れるかな。

売れない原因は多分値段じゃありません。

 

仕事欲しさに値下げして仕事を受けると、それ以降、その値下げした料金があなたの正規の料金になってしまいます。

「金曜日は全品10%オフ」なんてやると、金曜日以外はお客さんが来なくなります。

 

値段だけで判断される仕事なら、もっと安く受ける人がいればそちらに流れます。

どうしてもその仕事を取りたければ、その人より安く受けなければいけなくなります。

安売りを掲げていると、もっと安い店にお客さんをとられます。

「他より1円でも高ければ言ってください。それより安くします。」

そんなことができるのは大手だけです。

 

中小企業や個人事業主が勝負するところは値段じゃありません。

そこで戦えば、必ず破たんします。

売れないのは、別に原因があるからです。

サービスや商品が価格に見合わない

魅力がない

欲しいと思う人がいない

作りが雑、美味しくない、程度が悪いなど、質に問題がある

あなたや、あなたの会社のイメージが悪い

他にもいろいろ考えられます。

 

値段が高くても、欲しいものは買います。

サービスに満足していれば、値段は二の次、また利用します。

あなたに会いたくて、あなたから買いたくて、来る人もいます。

 

見直すべきは値段じゃないのです。

一度安くしたものをもとの値段に戻したり、値上げしたりするのは大変です。

最初から適正価格を設定する、安易に値引きしない。

もちろん、商品やサービスに問題がある場合は論外ですが。

 

逆に、値上げせざるを得ない理由があるなら、値上げはするべきです。

原価の高騰などは、企業努力で吸収するにしても限界があります。

商売は続けてなんぼ、利益を出せなければ続けられません。

値上げしても、その商品やサービスに満足していただけているなら、お客さんは離れません。

 

値段で勝負するのは、体力のある会社に任せて、商品力を磨くことを考えましょうね。

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

義母の病室に入ったところ、見知らぬおじいさんが。

とても楽しそうに話しているので、いいお友達ができてよかったと、邪魔をしないように病室の外でおしゃべりが終わるのを待ちました。

しばらくしておじいさんが出てきたのですが、お友達ではなく、病室を間違えて徘徊していた初対面のおじいさんだそうです。

職員の方に捕獲されていました。

義母に「知らない人がきてびっくりしたでしょ」と尋ねると、

「誰も来なかったよ」とのこと。

お互い、仲良く話したことも忘れてしまったようです。

何の話してたのかな、忘れちゃったとしても、久しぶりに楽しそうな声聞けて、ちょっとうれしかったです。

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

個人事業主の確定申告にお悩みの方はご相談ください。

領収書丸投げのおまかせパックで確定申告も楽々です。

全国対応いたします。

詳しくはこちら

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

山口会計事務所のホームページはこちらです。

お問い合わせはこちらからお願いいたします。

◆◇◆◇お問い合わせ◆◇◆◇