税理士やめたら なにしよう

愛車のZ900RSとバイク三昧のセカンドライフを目指して

引っ越しで戦力外なのは、わが夫だけなのだろうか?

time 2019/08/09

1年でここまで育ったのに…
モッコウバラとの別れもちょっぴりつらいです。

生まれてから最初の結婚をするまでは、一度も引っ越しをしたことがなかった私は、転校生に心からあこがれていました。

結婚してからは「ここに住め」と言わんばかりにあちらの実家の真ん前に建てられた家に住み、

「ああ、一生ここから抜け出せないんだな」

とちょっと悲しい思いを抱いたものでした。

 

あれから時は流れ…

離婚して実家に戻り、実家を出て一人暮らしをはじめ、再婚して二人暮らしになって、と思いもよらない人生の転機が次々と訪れて、私の怒涛の引っ越し人生が始まりました。

一か所に3年以上住んだことはないのではないかというくらい、自宅と仕事場を合わせるとこの10年間に10回くらいは引っ越しをしています。

もういい加減に落ち着きたい、引っ越しは疲れるし、第一お金がかかって仕方ない。

我が家はまさに引っ越し貧乏状態です。

 

つい最近も引っ越しして、今の家に住んでようやく1か月が過ぎました。

今回の引っ越しは3か所から1か所に集まってくるため、毎週どこかの家の引っ越しをするという、心身ともに疲れる大変な引っ越しでした。

最初は東京の東の亀有から夫が、次の週は新潟の家から大きな家具やすぐには使わないモノたちが、最後は東京の西の調布から私がと、3か所に散らばった生活がようやく一つになりました。

 

…そして、荷解きをしないまま、夫は100日間バイクで日本一周に旅立っていきました。

引っ越しでも目覚ましい活躍もなく、終わった後も引っ越しっぱなしと、大体の予想はついていましたが、「やりやがったな」感が拭えません。

その前に夫が新潟から亀有に引っ越した時も、引っ越しの前日から旅行に行くという、完全に自分の引っ越しも自分でやる気が全くない暴挙に出ていましたので、今回も100%私をあてにしていることは引っ越す前からわかっていましたが。

悔しいからそのままにしておいてやろうかとも考えましたが、さすがに100日間も段ボールに囲まれた不自由な生活は耐えきれないので、この1か月でほぼ片付けてしまいました。

なんだか悔しい…

 

好きで引っ越してるわけではないのですが、なぜかそういう流れになっているようで、いつになったら落ち着けるのかと思っていましたが、最近ではこのまま浮き草のようにあちこち流れていくのも面白いかなと思い始めています。

仕事のことさえなければ、どこに住んだっていいよなあ。

次の引っ越しは(いつになるかわかりませんが)、絶対夫にやらせよう。

それだけは心に決めています。

 

☆★☆★きょうのひとりごと☆★☆★

今年に入ってから、Facebookもブログの更新もほぼしていませんでした。

ブログを毎日更新していた時は、ネタがなくて一苦労でしたが、環境が激変してネタになりそうなことが山のようにあると、逆になんにも書けないものですね。

ほどほどの変化とちょっとした出来事がちょうどいいのかもしれません。