税理士やめたら なにしよう

愛車のZ900RSとバイク三昧のセカンドライフを目指して

私がバイクに乗る理由

time 2019/08/25

 

「なんでまた、バイクに?」

よく聞かれますが、ただ何となくというのが正直なところです。

 

上達したらそれはそれでうれしいし、より安全に乗れるということはあります。

でも、ライディングテクニックにはそれほど興味はありません。

所有欲を満たすということではないことも確かです。

なぜなら、傷やへこみはあまり気にならないので。

なぜと言われるとよくわかりませんが、たぶん行きたいところに行ける気がするからだと思います。

どんな遠いところでも、どこまでも走っていけるような、自由になれる気がするからかもしれません。

 

バイクに乗るようになって、大げさな言い方をすると、人生が変わりました。

大切にすることが変わりました。

生き方や目指すところが変わりました。

物に対する執着がなくなりました。

バイクに積めるだけの物しか持たないで、日本中の行ってみたいところに行って、住みたいところに住んで、自由に生きてみたいと思うようになりました。

 

以前は、お金がないと長生きできないと思っていましたし、お金の不安があるから働ける限りは現役で働くつもりでした。

一生賃貸より、自分の家があった方が老後は安心なんじゃないか、この先ずっと落ち着けるところはどこか、住む場所も真剣に考えたりもしていました。

 

今は、「なんとかなるんじゃない?」という夫と二人、バイクであちこち周りながら、住みたいところを転々と移動するのも面白いよねと話しています。

バイクに乗るようになるまでは、考えられなかったことです。

既成概念とか固定観念とか、世間の常識とか、そんなことに縛られなくなったのも、大きな変化の一つです。

誰にどう思われるかより、自分がどう思うか何をしたいかが大切だと思うこと。

自然の美しさや季節の移り変わりに敏感になったこと。

とっさの状況判断や、危険を予測したり察知するようになったこと。

何より、生きる力が付いた気がします。

 

難しいことはわかりませんが、走るのが好きだから、ただそれだけで乗っていますが、たくさんのものを得た気がします。

楽しいですよ、興味のある人はぜひ一度乗ってみてください。

人生観が変わるかもしれません。

 

☆★☆★きょうのひとりごと☆★☆★

マンションの廊下には、毎日のように蝉がたくさん落ちています。

それを狙ってか、今日もカラスが部屋の外で鳴いています。

昔カラスに頭の上にとまられた経験があるので、いなくなるまで怖くて外に出られず困りました。