バイク大好き個人事業主のための確定申告税理士・山口晶子のブログ

個人事業主のみなさま、確定申告はお任せください

資金繰りを意識しない飲食店は危険です

time 2018/04/12

先日、とあるセミナーで、個人経営の飲食店の方が一番困っていることは、「手元のお金をいくらまで使っていいのかがわからない」という話を聞きました。

飲食店の廃業率は3年後までに70%というようなことが言われています。

でも、全くお客さまのいないお店を除いて、飲食店のような現金商売は、資金がショートするということは本来考えられないことなのです。

資金繰りについて考えてみよう

飲食店は、現金商売が一般的です。

飲食代は、提供したその日に入ってきます。

そして、食材の仕入れや給料、家賃や水道光熱費などは、後からの支払となります。

黒字倒産という言葉は聞いたことがあるでしょうか。

商売によっては売上の入金より支払が先に来るため、帳簿上は黒字でも、支払の資金が工面できずに倒産してしまう、ということが起こります。

ですので、商売をする上で、いつ支払があって、いつ入金があるのか、管理することが欠かせないのです。

製造業などは、まず材料の仕入れや外注費、経費の支払が先にあって、出来上がった製品を納品して、ようやくお客さまから入金があります。

受注して納品、代金回収まで、3か月から半年くらいかかるのはざらです。

そこまでなんとか資金をつなぐために融資を受けたり、支払を送らせてもらう交渉をしたりします。

飲食店ではどうでしょう。

資金繰りについて、考えたことがある人はどのくらいいるでしょうか。

飲食店は資金繰りをしない

飲食店の良いところは、「今日は忙しかったな」という日には、いつもより多く手元にお金が入りますし、暇なときはそれなりしか現金がありませんので、商売の波を実感できるところです。

そのお金は、実は経費の支払いの原資なのです。

そのことを意識している人はどのくらいいるでしょう。

現金商売ですので、常に手元にある現金を回していけば、支払も当面は何とかなるでしょう。

しかし、入金と支払の管理をしていないと、いつのまにか資金繰りが悪化して、気がついたときには首が回らなくなっているのです。

支払が先に来る場合には、いやでも資金繰りを考えなければなりませんが、入金が先に来る場合は、支払はそれほどきつくないので、資金繰りについて意識をしないため、どうにもならなくならないと資金繰りの悪化に気づけないのです。

資金繰りを意識すれば「儲かっているのに廃業」は防げる

「あの店、いつも満員だったのに、閉店しちゃったね」

そんなお店、見かけますよね。

お客さんが途切れない人気店だって、資金繰りが悪化すれば閉店ということにもなりかねません。

「忙しいのに廃業」は、どうしたら避けられるのでしょうか。

それは、資金繰りを意識することです。

具体的には、1か月の支払がいくらになるのか、まずは把握してください。

そして、そのためには、1か月の売上がいくらあればよいのか、算定します。

1カ月単位でそれを意識してください。

月末になって、売上の目標を達していなければ、その月は資金が足りていないのです。

その場合は、集客の仕方を見直すか、メニューの値段を再検討するなどして、次の月には必ず目標を達成しなければいけません。

「ちょっと足りないけど、まあいいか」はダメです。

その「あとちょっと」が積み重なって、経営を圧迫するのです。

資金繰りを意識することで見えてくること

資金繰りを意識することは、資金がショートするのを防ぐためだけではありません。

売上目標を立てることで、集客について考えるようになります。

メニューの値付けが妥当かどうか、再検討するようになります。

不人気メニューの改良や取りやめ、新たなメニューを取り入れるなど、料理の見直しもするようになります。

スタッフの効率の良い配置や、教育など、人件費についても考えるようになります。

まとめ

商売はお金が回らなければできません。

これだけでも、開業して30%の生き残り組に入れる確率はぐんと上がります。

経営者として、資金繰りだけは意識してくださいね。

手元にお金が潤沢にあるからといって、気が大きくならないことです。

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

こたつをようやく片づけて、ソファを買いました。

部屋が狭くなるのがいやで置かなかったのですが、あると部屋らしい感じになります。

床にぺたんと座るより、ソファの方がくつろげますし、わが家には必要な買い物でした。

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

個人事業主の確定申告にお悩みの方はご相談ください。

領収書丸投げのおまかせパックで確定申告も楽々です。

全国対応いたします。

詳しくはこちら

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

山口会計事務所のホームページはこちらです。

お問い合わせはこちらからお願いいたします。

◆◇◆◇お問い合わせ◆◇◆◇