バイク大好き個人事業主のための確定申告税理士・山口晶子のブログ

全国対応、個人事業主のみなさま、確定申告はお任せください

個人事業主には給料はないんですよ。

time 2017/09/27

会社員から個人事業主になった方の確定申告で、「役員報酬」という項目が過去何年にもわたって決算書に載っているのを見つけたときは、固まってしまいました。

自分の報酬を経費としていたんですね。

個人事業主には、自分の「給与」とか「報酬」というものは存在しません。

ここが、法人と個人の最大の違いかもしれません。

法人の場合は、社長の「役員報酬」は経費になります。

いくら会社がもうかっていて、会社に唸るほどお金があっても、社長が自由に使えるのは給料(報酬)として会社からもらったお金だけなのです。

「俺の会社で俺が稼いだ金なんだから、会社も個人もあるか!」と思う人が結構多くて、何度説明しても「ちょっとぐらいいいじゃないか」という社長に困らされたことは数え切れません。

反対に、個人事業には経営者の「給与」とか「報酬」というものは存在しません。

1年間商売して、手元に残ったお金は全部自分のものなのです。

決算書上黒字であっても、1年間の自分が欲しい生活費より利益が少なかったら、それは赤字と同じことなのです。

利益が出ると税金を払わなくちゃいけないと、せっせと無駄遣いする経営者もいますが、これっぽっちの利益で生活できるのか、正直怪しいです。

(こういうところから個人の出費まで経費にしているんじゃないかと疑念を持たれたりするんですよ)

 

法人は、自分の給料を経費にできるが、会社のお金は自由にしてはいけない。

個人は、自分の給料を経費とすることはできないが、手元にあるお金は全て自分のものである。

 

そう考えると、個人の方がお金の管理、難しそうですね。

個人事業主の方が事業計画を作るときには、経費にはできなくても、最低限確保したい自分の生活費を必ず盛り込んでください。

手元にあるお金は自分のものであると同時に、商売の元手でもあります。

手元にお金があると全部使ってしまうような計画性のない人の現金商売、相当危険だと自覚してくださいね。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

個別相談は、全国どこへでもうかがいます。(交通費は要相談)

☆★☆★☆★☆★☆★☆

自分で確定申告したいけどちょっと不安。

開業したけど何をしたらいいかわからない。

そろそろ法人にしようかと思っているんだけれど…

そんな方は必要なときだけ頼める個別コンサルティングをご利用ください。

事業の内容や状況に合わせてアドバイスいたします。

詳しくはこちら

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

個人事業主の確定申告専門税理士です。

領収書丸投げのおまかせパックで確定申告も楽々です。

詳しくはこちら

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

山口会計事務所のホームページはこちらです。

お問い合わせはこちらからお願いいたします。

◆◇◆◇お問い合わせ◆◇◆◇