税理士やめたら なにしよう

愛車のZ900RSとバイク三昧のセカンドライフを目指して

決めるのは自分。占いや他人じゃない。

time 2018/03/20

商売をする人は、験を担ぐことよくあるようですね。

会社設立の日を大安にするとか、法人の申告書の「決算確定の日」も大安にするとか。

私はそういうのに疎くて、会計事務所に勤め始めたころ、「大安じゃないじゃないか」と所長に叱られて初めて知りました。

確かに、新しいことを始めたり、何か区切りの日には、縁起の良い日の方が気持ちがいいのかもしれません。

気にする人もいるということを知ったので、今は「大安」の日はいつか調べるようになりました。

 

験を担ぐことについては、全く否定する気はないのですが、過度に占いを信じたり頼ったり、誰かの助言を仰いだりするのは問題がある気がします。

経営者なら自分で判断することが何より大切ですが、その判断を占いや他人にゆだねるのは、間違っています。

自分の判断が正しいかどうか、誰かに確認したかったり、新しいことを始めるのに、背中を押してほしかったり、そういう気持ちはわからなくもありません。

でも、自分のことを決めるのは自分しかいないのです。

誰かがこう言ったから、占いにこう出ていたから、そんな頼りないものにすがって、大切なことを決めているとしたら、自分の人生を生きていないのと一緒です。

一種の依存なんでしょうね。

占いって、その通りに従うものじゃなく、自分の悩みに向き合うことで、これからの進む道や対処法について、考えるきっかけを見つける手段なんじゃないかと思うのです。

カウンセリングも同じで、自分の弱さや欠点と向き合うことで、本当の問題点を明らかにして、解決策を模索するのが目的じゃないかと思います。

上手に付き合えば、心強い味方になりますが、どっぷり依存しては毒になるだけです。

 

なんでそんなことを思ったのかというと、起業を迷っている人の相談に共通点があると感じたのです。

「これからは起業だと思うのです。」

「好きなことじゃないと続かないし生き残れません。」

「会社に勤めていては自由な生き方はできません」

きっと、「そうです、がんばりましょう」と背中を押してほしいんでしょう。

私に決めてほしいんです。

「起業って素晴らしいよ、自由が手に入るよ」って。

でも、起業が自由で好きなことが仕事になるなんて、ほぼ幻想です。

食えない人がほとんどだし、つらいことや大変なことも会社員時代と同じか、それ以上にあったりもします。

依存から抜けられない人は、起業には向きません。

自分で起業を決めた人は、起業の準備も心の準備も、覚悟だってちゃんとできています。

自分で決められないうちは、まだその時期じゃないんでしょう。

 

私は背中を押しません。

そんな大事なことに、無責任に「がんばれ、やってみろ」とは、口が裂けても言えません。

人生何度でもやり直しはできますが、できればあんまり大きな失敗はしたくないですよね。

自分で決めてください。

よく考えて自分で決断した道なら、後悔はしないでしょう。

例え失敗したりうまくいかなかったとしても、決断をできる人なら、次の進むべき道をきっと見つけられます。

よく考えて、自分で決めた人には、全力で応援します。

支援させてほしいと思います。

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

強風の中、スイートアリッサムを植えました。

野菜の直売所にあった苗があんまり元気なので、41鉢、ほぼ買い占めてきました。

まだまだ最低気温は氷点下ですが、新潟にも春は来ました。

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

個人事業主の確定申告にお悩みの方はご相談ください。

領収書丸投げのおまかせパックで確定申告も楽々です。

全国対応いたします。

詳しくはこちら

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

山口会計事務所のホームページはこちらです。

お問い合わせはこちらからお願いいたします。

◆◇◆◇お問い合わせ◆◇◆◇