バイク大好き個人事業主のための確定申告税理士・山口晶子のブログ

全国対応、個人事業主のみなさま、確定申告はお任せください

早く納品すると損?そんな考えでやってると仕事減っちゃいませんか。

time 2017/08/21

納期より早く仕事が仕上がったら、どうしてますか?

あまり早くできるとありがたみがないから、納期ギリギリまで温めておくという話を聞いて、そうなのかなあと疑問に思いました。

早く仕上がると簡単な仕事だと思われて、値切られてしまう。

次の納期を早く設定されてしまう。

自分の仕事の価値が下がる。

そんな経験をした人もいるのでしょうか。

 

私はいつも早めに仕上げて、早めに納品(というか、申告や報告)します。

一度だけ、「そんなに早くできるなら、安くしろ」と言われましたが、お断りしたことはあります。

でも普段は、早いということはプラスの評価をされることの方が多いです。

確かに、申告期限が迫った仕事を依頼されることもありますが、「こんなわがままを言える人はほかに思いつかなかった」と言ってもらえると、「何とかしてくれる人」という評価をしてもらえてるんだと実感できます。

早く仕上がるということは、仕事の価値が下がるというより、付加価値を付けることにつなげられないでしょうか。

フリーランスの人は特に法人からの依頼については、どうしても先方の言うなりの契約になりがちです。

価格交渉の余地もなかったり、納期も厳しめに設定されたり、「外注さん」と下に見られたり。

そんな中で、なかなか難しいのかもしれませんが、「早めに仕事を仕上げてくれる人」として、受注を増やしたり、単価を上げていったりする方向でセルフブランディングしていければいいですよね。

 

お客さまと信頼関係を築く上で、安心感は欠かせません。

早めに納品することで、自分の仕事を優先してくれたという印象を与えることもできますし、納品後のお客さまにもゆとりが生まれるというメリットもあります。

自分の手元で温めておいた方が得だというのは、勘違いじゃないでしょうか。

というより、相手の方を向いていないですよね。

いかに自分を高く売るか、相手から余計にお金をとれるか、自分の都合優先になっていると言えます。

仕事をたくさん抱えていては、早めの納品なんて無理だと思うかもしれませんが、抱え過ぎて破たんするくらいなら仕事を選ぶべきだと思います。

満足してもらえる仕事を早めに納品すれば、依頼される仕事の内容も上がってくるんじゃないでしょうか。

だって大切な仕事を、納期限ギリギリに出してくる人には怖くて頼めないですよ。

お客さまの立場で考えれば、わかることですよね。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

個別相談は、全国どこへでもうかがいます。(交通費は要相談)

☆★☆★☆★☆★☆★☆

自分で確定申告したいけどちょっと不安。

開業したけど何をしたらいいかわからない。

そろそろ法人にしようかと思っているんだけれど…

そんな方は必要なときだけ頼める個別コンサルティングをご利用ください。

事業の内容や状況に合わせてアドバイスいたします。

詳しくはこちら

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

個人事業主の確定申告専門税理士です。

領収書丸投げのおまかせパックで確定申告も楽々です。

詳しくはこちら

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

山口会計事務所のホームページはこちらです。

お問い合わせはこちらからお願いいたします。

◆◇◆◇お問い合わせ◆◇◆◇