税理士やめたら なにしよう

愛車のZ900RSとバイク三昧のセカンドライフを目指して

普通のことを普通に考える。経営者に必要な資質です。

time 2017/05/30

税理士になる前に経理していた会社の社長は、聞きかじった屁理屈を言う人でした。

手形が落とせない、支払ができずに会社が倒産しそうなのに、会社の営業車を2台も新車に買い替えたりして、さすがに黙っていられず苦言を呈したところ、

「金がないからといって使わないでいるから入ってこないんだ。なくてもどんどん使えばどんどん入ってくる。

金は循環しているから、その流れを遮らなければ使った以上の金が入ってくるんだ。

お前のような退却の船を用意して戦に行くような人間がいるから、会社に金が入ってこないんだ。

会社が火の車なのは、お前が原因だ。経費削減なんて、銀行みたいなこと言うな」

という返事が返ってきました。

直前にどこかの大学の先生の講義を聞きに行っていたので、「お金の循環」はそこで聞きかじったことでしょう。

おそらく、「デフレスパイラル」を自分の都合のいいように解釈したと思われますが、お金がない人がどんどん使ったら、入ってくるどころか自己破産しかありませんよね。

結局倒産して、私は税理士になっていますので、おかげさまで、とお礼を言いたいです。

 

物事をすべて自分に都合よく考える人は、人のアドバイスに耳を貸しません。

本当は立ち止まってよく考えてみるべき時にも、気にせず我が道を突き進みます。

小さな失敗をしたときに、「ほら、このまま同じこと続けるともっと大きな失敗につながりますよ」と言っても、

「神様は乗り越えられる試練しか与えないはずだから、失敗を繰り返して私は強くなるんだ」と意に介しません。

昔流行ったポジティブシンキング、よく言えば前向きな人、はっきり言うと反省しない人です。

経営感覚とか経営者の勘て、生まれ持ったものではなく、磨かれていくものだと思うのです。

いろんなものを見聞きして、さまざまな経験をして、たくさんの難しい判断を迫られる中で研ぎ澄まされていくもので、なんの根拠もなく、「よしこれで行こう」というノー天気な言動は、経営者の勘とは呼べないでしょう。

経営者であるならば、普通の感覚を持っていただきたいのです。

自分に都合のいいように考えずに、普通に考える。

儲け話に飛びついたり、自分のアイデアが素晴らしいと盲信したり、リスクを想定せずに突き進んだりすることは、普通に考えることができれば「ちょっと待てよ」となるはずです。

 

普通の感覚、普通の考え方って、当たり前のようで、本当はとても難しいことです。

人によって「普通」が違うからです。

もし自分の普通を疑ったら、いろんな人と話をしてみてください。

できれば自分のような立場、経営者の人たちと。

狭い世界で、独自の判断基準だけを頼りにする経営は、軌道を外れたときはそのまま修正できないことがほとんどです。

そうなる前に、どうか普通に考える力を養っていただきたいと切に願います。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

個別相談は、全国どこへでもうかがいます。(交通費は要相談)

☆★☆★☆★☆★☆★☆

自分で確定申告したいけどちょっと不安。

開業したけど何をしたらいいかわからない。

そろそろ法人にしようかと思っているんだけれど…

そんな方は必要なときだけ頼める個別コンサルティングをご利用ください。

事業の内容や状況に合わせてアドバイスいたします。

詳しくはこちら

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

個人事業主の確定申告専門税理士です。

領収書丸投げのおまかせパックで確定申告も楽々です。

詳しくはこちら

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

山口会計事務所のホームページはこちらです。

お問い合わせはこちらからお願いいたします。

◆◇◆◇お問い合わせ◆◇◆◇