バイク大好き個人事業主のための確定申告税理士・山口晶子のブログ

全国対応、個人事業主のみなさま、確定申告はお任せください

不正を平気でするようでは経営者失格です

time 2017/07/11

まだ会計事務所に勤めていたころ、お客さんの裏帳簿を表に出してしまい、お客さんに膝におでこがくっつくくらい謝罪をさせられたことがありました。

辞めてしまった前任者から全く引き継ぎをされなかったゆえの失敗です。

でも、裏帳簿なんてつけてる方が悪いし、それを知っていて黙認してた会計事務所も相当悪い。

私が表に出してしまったせい(おかげ?)で、それ以降裏帳簿はなくなりました。

「お前なんか死んでしまえ」ぐらいの勢いでののしられましたが、正直せいせいしたことを覚えています。

 

どんな理由があっても、不正は不正です。

今は景気がよくても、いつ悪くなるかわからない、そういう不安を中小企業はいつも抱えています。

大企業からの下請け仕事の比率が高いところは、戦々恐々としています。

だから、いつ取り引きが打ち切られてもいいように、帳簿に載らない蓄えを持ちたい。

売上を抜いたり、経費を水増ししたり、仕入れ値を付け替えたり、二つの帳簿を作って裏金を作りたい。

気持ちはわかりますが、絶対だめです。

 

逆に、業績が悪いと銀行からの借り入れができないと、架空の売上を立てて、回収する当てのない売掛金がどんどん増えていく。

これは私が経理をやっていた中小企業の話です。

社長と税理士の2人が、ありもしない取り引きをねつ造して、赤字を黒字に変えて申告を繰り返していました。

私の作った帳簿と決算書の数字が一致していない確定申告書を、ずっと不安な気持ちで見てました。

社長に何度も進言しても聞く耳を持たず、積みあがる売掛金も意に介さず、その結果倒産です。

 

借り入れに頼らなければ回らない会社はすでに終わっています。

ウソをついて銀行から借り入れをして、それも返せず、さらにウソを重ねてさらに借り入れを繰り返す。

最後には、お前個人で消費者金融をはしごして、借りられるだけ借りてこいとまで言われました。

今の私の立場で言うことではありませんが、倒産して本当に良かったと思っています。

 

経営不適格者は確実にいます。

不正を持ち込む時点で、私は不適格者判定します。

厳しいでしょうか?

いいえ、そうは思いません。

会社経営者には社会的責任があります。

それを果たせないのなら、経営者なんてやめてほしいです。

同じように税理士も、正しい仕事をするべきです。

経営者の味方もいいでしょうが、不正に加担するのはダメでしょう。

不正の相談はお断りです。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

個別相談は、全国どこへでもうかがいます。(交通費は要相談)

☆★☆★☆★☆★☆★☆

自分で確定申告したいけどちょっと不安。

開業したけど何をしたらいいかわからない。

そろそろ法人にしようかと思っているんだけれど…

そんな方は必要なときだけ頼める個別コンサルティングをご利用ください。

事業の内容や状況に合わせてアドバイスいたします。

詳しくはこちら

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

個人事業主の確定申告専門税理士です。

領収書丸投げのおまかせパックで確定申告も楽々です。

詳しくはこちら

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

山口会計事務所のホームページはこちらです。

お問い合わせはこちらからお願いいたします。

◆◇◆◇お問い合わせ◆◇◆◇