税理士やめたら なにしよう

愛車のZ900RSとバイク三昧のセカンドライフを目指して

ものを使い切る

time 2015/11/15

a0027_000825

ものの寿命

今日スニーカーを捨てました。

甲のところの生地が少し擦り切れています。

ほかのところはきれいでよく見ないとわからないのですが、履くときにいつも気になっていました。

高かったので少し迷ったのですが、履いているときも気になっていたので決心がつきました。

こうして傷んだものは捨てやすいのですが、似合わないとか古臭いという理由では捨てづらいものです。

ものを大切にすることは大事なことです。

使い切って捨てる、そのためにはどうしたらよいでしょうか。

心がけていること

高価なものは買わない

特に洋服はすぐに古臭い感じになるので、あまり高価なものは買わないようにしています。

多少高価でもよいものは長く使えると思った時期もありましたが、洋服に限ってはなさそうです。

年齢的に安っぽいものは避けたいので、長く着られるデザインや、2,3年で手放しても惜しくない価格帯に収めるようにしています。

使い切る量しか買わない

調味料など、大きいサイズのほうが割安です。

でも、我が家は二人家族、大きいサイズは使い切れません。

それに、時間がたつと味が変わったり風味が落ちたりします。

多少割高になっても一番小さいサイズを買うようにしています。

食品を無駄にすることもなく美味しいうちに使い切れるので、結局こちらの方が割安です。

買う前に必要か考える

ほしいと思っても、その場で買わないようにしています。

いわゆる衝動買いはしません。

一目ぼれしたものがあっても、その日はいったん買わずにおいて、一晩よく考えます。

何に使うのか、どうしても必要か、なぜほしいと思ったのか。

翌日になってもまだほしければ、その時は買うことにします。

買いに行ってもうなくなっていたときは、縁がなかったと思ってあきらめます。

買えなかったことで損失を被るようなことはめったにありません。

思いついたときにメモをする

買い置きはしないようにして、なくなりそうになってから買います。

少なくなったな、と思ったらスマホにメモするようにしています。

買い忘れて不自由な思いをしないためと、ダブって買わないようにするためです。

スマホならいつも持ち歩いているので、家にメモを忘れることもありません。

まとめ

ものは黙っていても増えます。

不要なものは持ち込まない、適度に処分することで増えすぎることを抑えます。

使い切って捨てることを心がければ、ものを無駄にすることもなく片づけができます。

年を重ねると自分に必要なものがわかってきました。

これからは必要なものを大切に、使い切ることを今まで以上に意識していきたいと思います。

 

☆★☆★編集後記☆★☆★

通勤用のコートを二人で見に行きました。

お店の人の褒め言葉は信じてはいけないなと、試着した夫の姿を見て肝に銘じました。