税理士やめたら なにしよう

愛車のZ900RSとバイク三昧のセカンドライフを目指して

人前で話すのは苦手です 克服するためにやっていること

time 2015/12/09

a0001_011459

税理士になって人前で話す機会が増えました。

実は人前で話すのはとても苦手です。

緊張のあまり舞い上がってしまうことも多々あります。

事前準備

講師をするときは、いつもシナリオを作っています。

上手くやろうと思うから緊張するんだと言われたこともありますが、しっかり準備をしないことには数日前から食事ものどを通らなくなるくらい緊張します。

最悪、すべて棒読みでもいいやと思って、セリフのように話し言葉でシナリオを作ります。

話すポイントだけを書き出すだけの人、何も用意しない人もいますが、うらやましい限りです。

私の場合は頭が真っ白になって泣きそうな思いをするくらいなら、準備をし過ぎる方がましです。

何度も時間を計って練習してから本番に臨みますが、結局早口になって練習よりもかなり短い時間となってしまいます。

毎回気を付けるのですが、これだけはどうしても直りません。

事後の反省

終わるとホッとしてやりっぱなしになりがちですが、今後の改善のために総括をします。

最初から思い出してみて、説明し忘れたこと、もっと時間をかければよかったこと、あれこれ書き出します。

大抵早口になって相当早く終わってしまうのですが、もっとゆっくり話せなかったか、間をとれる場所はなかったか、思い返してみてシナリオに失敗した個所を書き込みます。

租税教室や決算説明会など、毎回内容があまり変わらない場合には反省はダイレクトに次に生かせますので、次のシナリオを作るときに必ず付け加えます。

まとめ

以前は1対1でも非常に緊張して苦手でしたが、今は場数を踏むことによって克服できました。

講師は年に数回ほどですのでなかなか慣れるところまでいきません。

その場の雰囲気に応じて自分の言葉でいろいろなことを話せるようになるまでは、事前の周到な準備と事後の反省は欠かせないでしょう。

 

☆★☆★編集後記☆★☆★

朝晩はかなり冷え込むようになりました。

今日初めて手袋とマフラーをして出かけました。もう少し寒くなったらダウンの出番です。

年を取るにつれ寒さが堪えるようになりました。