税理士やめたら なにしよう

バイク三昧のセカンドライフを目指して

激安で仕事取る人はライバルじゃないよ

time 2017/03/02

おんなじ業界でビックリするような低価格をうたっている人に出会うと、一瞬ぎょっとしませんか?

こんなことされたらお客さんとられちゃう、自分も安くしないとダメかしらなんて、考えることありますよね。

でも、値下げする前に考えてみてください。

おんなじ価格で仕事請けられますか?

 

単純作業で、誰がやっても同じ仕事なら、値段が安い方がいいに決まっています。

ただ、自分のやっている仕事は誰でもできることなのでしょうか。

誰がやっても同じなのでしょうか。

もしYESなら、価格を下げなければ低価格の人にごっそり持って行かれてしまいます。

NOなら?下げる必要もないですし、むしろ下げることで印象は悪くなると思いますよ。

たとえば手に取ってみることのできないものを売っているのなら、その商品については、値段で質を判断することが多いのではないでしょうか。

中には、中身が何にもなかったり質が悪かったりするのに値段がバカ高い悪質なものもありますが、たいていは高いものはいいもの、安いものはそれなりのものという判断をしがちです。

値段を下げることは仕事の価値を自分で下げることです。

それに、安い値段で仕事を受けると、数をこなさなければいけなくなります。

そうすると、一件にかける時間も減ってしまうためやっつけ仕事となって、必然的に質が落ちてきます。

 

自分の決めた価格のまま、低価格の人に対抗するには、当たり前ですが差別化しかありません。

誰もやっていないけどニーズはあるということを見つけるのは、そんなに簡単ではありません。

全く新しいことではなくて、今やっている自分の仕事の中で、安い人と自分の違いを考えてみてください。

品質でしょうか、時間でしょうか、融通が利く点でしょうか。何かしらないでしょうか。

便利だったり、使い勝手が良かったり、対応が丁寧だったり、そんな小さなことでもよいのです。

扱う商品のグレードが違うとか、何かに特化していたりするならば、大きな差別化につながります。

 

それでも低価格に流れる人はどうやって引き止めればよいのでしょう。

放っておけばいいのです。

安い方に流れる人たちは、もし値段を下げて引き止めることができたとしても、それは一時的です。

もっと安い人が現れれば、躊躇なく乗り換えられてしまいます。

品質や安心を求めない人も世の中にはたくさんいます。

でも、そういうものを求める人も少数だとしても必ずいるのです。

低価格競争に巻き込まれてはいけません。

 

激安で仕事を取りに来る人には、いくつか種類があります。

新たにその業界に参入するために、最初だけ激安にする人。

これは大手がよくやることですが、固定客がついたらそのうち正常な価格に戻します。体力がない個人が競っても絶対かないません。

安くできるような仕組みを構築している人。

これも組織が大きいところがやることで、人件費を安く抑えたり、大量仕入れで原価を安くすることができる場合です。対抗できません。

薄利多売でいずれは潰れる人。

付き合って共倒れはバカバカしいです。

以上、どれを見ても、自分とは競合しないことがわかるはずです。

大手は小回りが利かないことがあるので、そこを狙って柔軟に対応できれば商機はありそうですよね。

 

激安に惑わされないでください。

そこは戦うところではありませんので、相手にしてはいけません。

どこで戦うのか、わからなければお客さまに直接聞いてみましょうよ。

どうして自分を選んでくれたのか。

それが間違いなく自分の強みです。

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆

自分で確定申告したいけどちょっと不安。

開業したけど何をしたらいいかわからない。

そんな方は必要なときだけ頼める個別コンサルティングをご利用ください。

事業の内容や状況に合わせてアドバイスいたします。

詳しくはこちら

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

個人事業主の確定申告専門税理士です。

領収書丸投げのおまかせパックで確定申告も楽々です。

詳しくはこちら

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

相続・老いじたくのご相談、お受けしています。

詳しくはこちら

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

山口会計事務所のホームページはこちらです。

お問い合わせはこちらからお願いいたします。

◆◇◆◇お問い合わせ◆◇◆◇