税理士やめたら なにしよう

愛車のZ900RSとバイク三昧のセカンドライフを目指して

定年がないから商売のやめ時は自分で決めないと

time 2017/06/29

先日、法人を廃業して、個人事業に戻す方とお会いしてきました。

年金を受給していらっしゃるので、これからはのんびり奥様と旅行を楽しんだりしながら、依頼が入れば細々仕事をしていくとのこと。

大口の契約が落ちたのはがっかりだけど、そろそろいいかなとほっとしたとおっしゃってました。

一人で仕事をしていると、休むと即収入減につながるため、なかなかまとまった休みを取れなかったようです。

奥様も、たくさん旅行できるのを待っていたと、うれしそうでした。

 

個人事業主や一人社長は、定年がないのがいいところですが、逆に商売のやめ時を自分で決めなければいけないという、難しい決断が待っています。

体力の限界を感じたり、変化についていけなくなったり、経済的な事情があったり、やめるきっかけはさまざまです。

若い時はそんなことを考えずに進んで行ったとしても、年金をもらえる年齢が近づいてくると、やめ時を意識するようになるようです。

 

私も税制改正についていけなくなったらやめ時かな、と漠然とですが思っています。

将来的には、近所のお年寄りが顧問料代わりに美味しい和菓子や果物を持って訪ねてきて、お茶を飲みながら税務相談、なんていうのにちょっと憧れています。

人の役に立てるうちは、がんばってみようかな。ボケ防止にもなりそうだし。

そんなことを考えていますので、最近はバリバリ仕事をするというより、好きな人と楽しく仕事をする方にシフトしました。

10年後にはきっと世の中も大きく変わっていそうですし、あまり早くから先の心配をしても仕方ないので、時代の流れに逆らわず、上手に流されながら自分の道を見つけていけばいいのかな、と思っています。

 

やっと人生を楽しめる年齢になったんだなと、年を重ねることがうれしいことに思えるようになりました。

これも、勤めていたら感じられなかったことでしょう。

独立したからこそ自分の生き方や仕事の仕方を自由に決められ、人生の方向転換をする時期も自分で決められる。

自分で決められない人には向きませんが、自分で道を切り開いていける人には、独立は最良の選択と感じます。

 

これからの生活をもっと楽しくするために、もうちょっとがんばりますか。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

個別相談は、全国どこへでもうかがいます。(交通費は要相談)

☆★☆★☆★☆★☆★☆

自分で確定申告したいけどちょっと不安。

開業したけど何をしたらいいかわからない。

そろそろ法人にしようかと思っているんだけれど…

そんな方は必要なときだけ頼める個別コンサルティングをご利用ください。

事業の内容や状況に合わせてアドバイスいたします。

詳しくはこちら

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

個人事業主の確定申告専門税理士です。

領収書丸投げのおまかせパックで確定申告も楽々です。

詳しくはこちら

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

山口会計事務所のホームページはこちらです。

お問い合わせはこちらからお願いいたします。

◆◇◆◇お問い合わせ◆◇◆◇