バイク大好き個人事業主のための確定申告税理士・山口晶子のブログ

個人事業主のみなさま、確定申告はお任せください

「がんばるのをやめる」は、投げ出すことじゃない

time 2016/10/24

葛西臨海水族園

がんばってがんばって、つらくなっている人に向けて「そんなにがんばらなくてもいいんだよ」と発信している人は多いですよね。

私も心が折れてしまいそうな人にそう言ってあげたくなります。

でも、がんばっている最中の人に耳には実は届きにくいのではないかと思うのです。

十分がんばっていることを伝えたとしても、本人が「まだ足りない」と思っているなら、がんばるのをやめることはありません。

「がんばらなくてもいい」が心に響く人は、がんばりすぎでつらい状態から少し抜けて、「そうだよね、あんなにがんばらなくてもよかったんだよね」と振り返る余裕が少しできた人ではないでしょうか。

もっとがんばればいいのに、という人の方が、「そうだよね、がんばりすぎはよくないよね」とがんばるのをやめてしまいます。

本人が努力を苦にしているかどうかの違いはあっても、それなりの結果や成果を出している人は、みんながんばってきた人です。

カメラマンで食べていきたいなと思っているだけじゃ仕事の依頼なんて来ません。

家の前に看板を出しているだけじゃサロンにお客さまなんて来ません。

その仕事で食べていけるようになるために技術を磨いたり、情報を発信したり、仕事の依頼につながるような努力をしているのです。

その結果、うまくいく人もいればいかない人もいる。

うまくいかない人の中には、「がんばりが足りないんだ」ってもっともっとがんばって、どんどん自分を追い込んでつらくなってしまう人もいます。

そういう人には、一度立ち止まって、がんばる方向が間違ってはいないか見直してほしいのです。

自分を追い込むのではなくて、一度今の場所を離れて自分のしていることを客観的に見てほしいのです。

「がんばらなくてもいい」は、何も投げ出すことではありません。

周りが見えなくなっている今の状態から、少し引いて自分を見ることができるように、冷静さを取り戻す時間を作りましょうよ、ということです。

やりたいことがあるのなら、がんばった過程より成果だと思うのです。

途中で少し休んでも、やりたいことにたどり着ければそれでいいし、最初に目指したところと全然違うところに行きついたって、それが自分のやりたいことならいいじゃないですか。

がんばった経験は自分の財産になります。

絶対無駄にはなりません。

「がんばらなくていい」という言葉にすがる人は、がんばっていない人です。

やらない理由を探しては自分を正当化している人や、やっては見たものの続かなくて、どこでやめようかきっかけを探している人です。

がんばらなくてもいいんです。がんばらない人がダメな人というわけではありませんし、誰もがんばれとも言いません。

やるかやらないかは、自分で決めていいんです。

ただ、人生で一度くらいはがんばったという経験をしてもいいんじゃないかと思います。

私も本気でがんばった経験をしたときからおおげさじゃなく人生が変わりました。

初めて自分に自信がつきましたし、初めて自分を好きだと思えました。

変わりたい人は、なんでもいいから本気でがんばってみてください。

誰かのためではなく、自分のためにです。

きっと変われますよ。

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

個人事業主の確定申告専門税理士です。

領収書丸投げのおまかせパックで確定申告も楽々です。

詳しくはこちら

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

個人事業主の方のちょっとした悩みや相談、大募集中です。

お答えは、ブログ上でさせていただきます。

こんなこと、聞いたら笑われるかな?という質問ほど大歓迎です。